セフレ掲示板

セフレ掲示板は今も尚出会いたい男女が出会っている

出会い系の掲示板を通じてセフレができました
独身の男性で彼女いない歴も長くなるとどうしてもセフレとして恋愛が出来、女性の柔らかい身体に接っして、出来れば気持ちのいいエッチをして、体を暖めたいものです。
しかし現実は、職場では男性のみの堅い職場であり、周辺には女性と関連するような環境はありません。
 こんな時には頼りになるのが出会い系の掲示板でしょう。
何件かの出会い系の掲示板を利用して、一寸オーバーに「女の子に振られて、今は大変に落ち込んでいる所です、同じ状況のヒトがおられれば お互いに愚痴っこしませんか・・?」
とチョット惨めな状態を演出して、同情を誘ったり、同じような条件の失恋をしてしまったような女の子に探りを入れて、掲示板でセフレを探すという作戦です。
そんな或日のこと、失恋女性ではないが若くて夫婦離婚をしてしまったという女性から連絡が入ったのです。
そして何回かのメールをしている内に次第に悩み事や男女間のことかチョットエッチっぽいな性的な話題になり、この時にはお互いにセフレというか、セフレの関係を意識しあいはじめたのです。
その後は、掲示板でお互い写メを交換し合いながら逢うことに決めました。
車で某スーパーの駐車場で待ち合わせをしたところ、本当に約束した時間に現れたときは、”してやったり”と叫びたくなりました。
 初対面の女性は写真より細身の体であり、チョットした美人タイプの方でした。
早速ながら私の車に乗せながら海辺をドライブしながら、彼女の太モモへ手をやると、彼女から愛しいようにセックスアピールで握り返してきた時には、欲求は深まるばかりでした。
もう、こうなったら男女のスルことは唯一つです。
車を海辺の公園の隅に駐車させると、お互いに納得したように深いキスから、上半身の衣服を無造作に剥ぎ取るようにして、激しく求め合います。
シート上で上になり下になり、お互い大事な部分を舐め合い、もみ合い、そして彼女はおフェラで私の股間の大事な一物を吸い上げてきます。
「貴方のは凄いわね、早く欲しいわ」と言いながら、おフェラは亀頭の男の敏感な部分を舐めまわします。

「ねえねえ、私もう我慢できないわ、早くしてシテちょうだい」、私はソレを待ってたかのように思い切って挿入すると、 「ああ、感じるわ、いいわ、いいわ、本当に久しぶりなのよ」といいながら、殆んど同時に二人共同時に昇天したのでした。
これからは掲示板を通じて、セフレ、セフレとして週一回程度の割合で逢うことを約束したのでした。
【東京都|30代|男性|会社員】

セフレ掲示板は今も尚出会いたい男女が出会っている記事一覧

超ドM女子として、これまでに想像したり自慰をしたりと、自己処理をしてきましたがもっと本物の快楽が欲しくなり、アプリのセフレにセックスしてもらうことにしました。命令が上手で、焦らしまくってくれる巧みな男性とセフレになりたいですと、アプリでセフレを希望しました。アプリで良い反応をくれたのは、40歳のおじさまでした。私は21歳なので、おじさまの巧みなプレイに期待ができると、会って本物のセックスをすること...