M願望

M女子の願望をアプリのセフレが満足させてくれる

超ドM女子として、これまでに想像したり自慰をしたりと、自己処理をしてきましたがもっと本物の快楽が欲しくなり、アプリのセフレにセックスしてもらうことにしました。
命令が上手で、焦らしまくってくれる巧みな男性とセフレになりたいですと、アプリでセフレを希望しました。
アプリで良い反応をくれたのは、40歳のおじさまでした。
私は21歳なので、おじさまの巧みなプレイに期待ができると、会って本物のセックスをすることにしました。
モールの入り口で会い、おじさまと近くのホテルへ行きました。
最初は、普段しているようにオナニーしなさいと言われ、オナニーを見せました。
服の上から股間を擦って見せ、次にペニスを出され、しゃぶりなさいと言われ、吸いつきました。
おしゃぶりが上手だね、ちんぽの味は美味しいかい、もっとしゃぶるんだよと、言葉で興奮させられ思い切り口を犯されました。
奴隷らしく四足で歩き、股間に卵のようなおもちゃを数個入れられ、出しなさいと言われる度に一個ずつ出しましたが、このプレイが変態できで新鮮であり、印象的です。
指で股間をくりくりされてから、ペニスを入れられるのですが、入れたり出したりされて、焦らされるテクニックに私はたまらず、もっとおちんぽをくださいと、懇願しました。
先っぽで子宮をつつかれてイキ、気づけば中で出されていましたが、気持よくてそれどころではありませんでした。
M女子の願望を叶えてくれたおじさまは、今では私のご主人様であり、私は性奴隷として身体を差し出しています。
【京都府|20代|女性|販売員】