バージンの時の社内片思いがきっかけで、サイトにハマったOLの話

バージンの時の社内片思いがきっかけで、サイトにハマったOLの話

これは、私のちょっと変わった、そして、恥ずかしい体験談です。

私は短大卒業後、あるメーカーに就職しました。
最初は別の部署に配属されたのですが、2年後に経理に異動。
その瞬間、私は恋に落ちました。
同じセクションんの先輩の男性社員がその相手です。
典型的な「一目ぼれ」による片思いというわけです。

彼は平凡なルックスで、仕事も特別できるというわけではありません。
けれど、なんとも親しみのあるやさしい笑顔とハスキーな声に、私は心を奪われてしまったのです。
彼が独身で、彼女もいないことは、同じ部署にいますから、すぐにわかりました。

それで、私は彼と結ばれる妄想を膨らませるようになったのです。
その時、ネックになったのが、私が男性を未だに知らないことでした。
つまり、当時の私はまだバージンで、それが大きなコンプレックスになっていたのです。

そのあこがれの先輩とそういう関係になったとき、バージンの私の体が、先輩を満足させられるかどうか、不安に感じられました。
そこで、「誰かほかの男性と経験してから、先輩とそういう関係になったほうがいい。
そうしよう」と、勝手に決めたのです。

今思えば、なんとも幼い考えというしかありません。
けれど、当時の私は大真面目。
それで、バージンとサヨナラするために、出会い系サイトでそのお相手を探すことにしたのです。

お相手はびっくりするほどかんたんに見つかってしまいました。
30代の銀行員で、すでに結婚されていました。
私は、女性経験豊富な(はずの)彼によって、無事、女になることができました。

その彼とは、その後、半年間肉体関係を持ったのですが、その間に、私の体と心に大きな変化がありました。
「女としての快感」を体で知った私は、片思い中の先輩に対して、以前のような熱い思いを感じなくなっていました。
そしてその代わりに、「いろんな男性と、もっとキモチいいエッチがしたい」と思うようになったんです。

あれから5年。
今も、サイトで男を見つけては、「キモチいいエッチ」を楽しんでいます。
ちなみに、片思いしてた会社の先輩は2年前に結婚しました。
私にはもう、どうでもいいことです。
サイトには、いろんな男がいて、私をいろんなやり方で喜ばせてくれるんですから。
【静岡県|20代|女|会社員(経理事務)】